愛×時間=信頼

※今日の話は「わんこ」にはあまり関係ない記事です。


昨日、とても嬉しい贈り物をいただきました。
e0215622_1559564.jpg



私にはずっと不妊治療をしていた、かわいい年下の友達がいます。
実は私も5年間不妊治療をしていたので、他人ごととは思えず、
何か役に立てたら…と、時々彼女の話し相手になっていました。


治療を不安がる彼女にカツを入れたこともありました。
「赤ちゃんはお母さんを全面的に信じ、命がけでその胸に飛び込んでくるんだよ!
そのお母さんが命がけの相手に不安を与えてどうするっ!」
と、こっぴどく怒ったことも…。(^^;)



その後、彼女に新しい命が宿りました。
本当に本当に、本当に嬉しかった…。



その彼女が、昨日私にメッセージをくれました。
そこに綴られた温かい言葉に嬉しくて涙が出ました。
きっと彼女は、優しくて素敵なお母さんになることでしょう。


e0215622_16413143.jpg


「命を育む」ということは、本当に素敵なことです。
そして、それ以上に素敵なことは「愛を育む」というプロセス。



今から7年前、
突然の次男の不登校事件から、私は大切なことを学びました。



愛は一方的に与えるものでも、与えられるものでもない。
どちらかが我慢するものでもないし、耐えるものでもない。
最初から「深い愛の絆」なんてどこにもなくて、
何てことない日々の出来事の中で、お互いに与えて、分けて、
泣いたり笑ったりしながら、お互いに大切に育てていくもの。


大好きな相手の信頼を得られないからこそ、人は不安になる。
安心できないから、心から信頼できないから反発したり憤ったりする。
でも、その行動だけを取り上げていては問題は何一つ解決できないし、
解決させたければ、ただ黙って相手を信頼し、相手を愛するしかない。
毎日の行動を通し、相手の不安を1つ1つ取り除くしかないし、
伸ばされた手は、必ず掴んで決して放してはいけないと…。


愛しているからこそ、時には心を鬼にして怒ることもある。
愛しているからこそ、感情を押さえられないこともある。
愛しているからこそ、甘えが許せないときもある。
でも、愛しているからこそ、耐えられない出来事にも一緒に立ち向かえる。


どんな時でも逃げずに前を向いて、相手の心に耳を傾け、
相手から目をそらさず、お互いに本当の気持ちをぶつけて正面から本音で向き合い、
決して相手の信頼を損なうような行動で相手を傷つけたりせず、
相手を心から理解しようとする、心のある会話を続けていけば、
いつか愛情は必ず芽を出し、本当の愛に育っていくんだろう…と。
そして「本当の信頼」はその先にあるから、
心から信頼を得たい大切な人からは、決して逃げちゃダメだと。


そして本当の愛と信頼を育むには、長い長い時間がかかるから、
それを疎んじていては、本当の信頼は得られないと…。


e0215622_16413143.jpg


私は受けた信頼を決して裏切らない!
そして、たとえ何が起こっても、どんなに相手に嫌われても、
私は私が愛する人たちに決して自分から背を向けたりしない!
そして、白衣を着る人間として、
かけがえのない人の命と愛を守り続けたい…。
このメッセージを読んで、改めてそう決意しました。



というわけで、
うるさら母、これからとんでもないことをしでかそうとしています。
決まったらまた、ご報告しますね♪




えへへっ …。(^^;)



e0215622_16413143.jpg
[PR]

by urusara_wanko | 2011-10-26 16:39 | その他